歴史

福應寺は、2つの歴史を継承しています。詳しくはHPにも書いてありますが、承安3年(1173)から続く福應寺の寺歴です。天文年代には兵火にあい灰じんと帰してしまいましたが、天文21年(1552)に俊覚さまが地頭の館跡であったこの地(現在の福應寺)に寺を再興しました。この地頭の館跡がもう1つの歴史、法燈国師です。承元元年(1207)現在の福應寺の地でお生まれになった、生誕の歴史です。847年の福應寺の歴史、813年の法燈国師生誕の歴史、2つを継承していく為にも更なる精進をしてまいります。合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。