役員を受けること

どんな人がクジ(貧乏?)を引き当てるのか。

年度始め、なにかと話題にのぼり、
時に不必要と言われ、
厄介者扱いされる…

完全無報酬で、
時に生活に支障をきたし、

ひとによっては、
有給を使い果たし。

家族からは、ため息をつかれ、
子どもたちからは泣かれ。

どんな、言われようなの?

PTA役員

「子供達のためです」
「みなさん、平等に引き受けるんです」
「今年だけ、我慢していただいて…」

泣く泣く、期間限定で
ご奉公…。

どこの学校でも繰り広げられてますよね。

わたし、学校の本部役員、2年やりました。

あっという間の任期でした。

引き継ぎの総会も終わって、
ほっとして。

で。

モノ好きな自分は

今年は、市の連合会で働きます。

「頼まれたんで、仕方なくう」
「断れなくってねぇ😅」

が、常套句ですよね?

でも、
上に立つヒトは違います。

ことしで、学校の役員から数えて
すでに足掛け5年、6年?かな
市のPTA連合会に関わってる方。

女性です。

「もうね、PTAはね、趣味。」

年間計画をざっと見るだけでも、
おびただしい数の会議や、
出張が、つらつらとあげられてる…

「だってね、
自分の意見がきちんと聞いてもらえて、
色々な計画に反映させてもらえるのよ」

上の方々が生き生きと働いているだけで、
わたしなどは、
前向きになれるってもんです。

シュミ、と言えるまでには
到底追いつきませんが…

(他のメンバーの皆さんも、
すごく意識高いです)

一年間、よろしくお願いしまーす😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。